一番上に戻る

ABOUT 組織概要

会長あいさつ

海山の恵み深く稲穂が風にそよぐ、ふるさと新潟。雪も深いが情けも深い、四季のうつろい豊かな新潟。
郷土の英雄、田中角栄先生をはじめ、諸先輩が築いてこられた自民党新潟県連の歴史に思いを致し、新しき令和の時代を「皆様と心を一つに」切り拓いて参りたい。
浅学非才ではありますが、地道に取り組んで参ります。

ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い致します。

自由民主党新潟県支部連合会 会長 高鳥 修一

高鳥 修一
会長
衆議院議員
高鳥 修一
略歴
  • 農林水産副大臣(現)
  • 日本空手協会新潟県本部会長(現)
  • 衆議院厚生労働委員長
  • 内閣府副大臣
  • 自民党厚生労働部会長
  • 厚生労働大臣政務官
  • 自民党総務
  • 高田高校・早稲田大学法学部卒

幹事長あいさつ

去る5月18日開催の定期大会において幹事長を拝命いたしました小野峯生(村上市岩船郡選出)でございます。
令和という新しい時代の幕開けを迎え、わが県連も新時代にふさわしい船出をしなければならないという使命感と重い責任を痛感しているところであります。
今年は12年に一度の政治決戦の年に当たり、その前半となる県議会議員選挙をはじめとする統一地方選挙が既に4月に行われました。
県議会議員選挙並びに政令新潟市議会選挙においてはそれぞれ所期の目的を果たすことが出来ましたことは、偏に多くの県民の皆様から頂きました温かいご支援とご協力の賜物と深く感謝とお礼を申し上げます。
さて、これから後半戦となる第25回参議院通常選挙は既に目前に控えておりますが、前回の参議院新潟選挙区では惜敗していることから、是が非でも勝利するという決意のもと挙党一致で選挙戦に臨む覚悟でありますので、皆さんからの力強いお力添えを心からお願い申し上げて就任のご挨拶とさせていただきます。

自由民主党新潟県支部連合会 幹事長 小野 峯生

幹事長
新潟県議会議員
小野 峯生
略歴
  • 昭和27年
    9月13日生まれ 村上市南田中在住
  •     
    趣味 地域マラソン挑戦中!
  • 昭和46年
    県立村上高等学校 卒業
  • 昭和51年
    法政大学法学部法律学科 卒業
  •     
    代議士秘書
  • 平成3年
    新潟県議会議員 当選(現在8期)
  • 平成22年
    新潟県議会 議長
  • 現 在
    自民党県連 幹事長
  •     
    新潟県治山林道協会 会長
  •     
    日本海東北自動車道建設促進四県議会協議 理事
小野 峰生

役員名簿

選任年月日:令和元年5月18日

役員 氏名
会長 高鳥 修一
筆頭副会長 柄沢 正三
副会長 尾身 孝昭
副会長 澤野 修
幹事長 小野 峯生
筆頭副幹事長 松原 良道
副幹事長 与口 善之
総務会長 小島 隆
筆頭総務副会長 斎京 四郎
総務副会長 桜庭 節子
政務調査会長 佐藤 純
筆頭政務調査副会長 中村 康司
政務調査副会長 高見 美加
政務調査副会長 小山 大志
政務調査副会長 河原井 拓也
組織委員長 楡井 辰雄
副委員長 中川 隆一
副委員長 坂田 光子
広報委員長 笠原 義宗
副委員長 小柳 考之
党紀委員 横尾 幸秀
党紀委員 保坂 裕一
党紀委員 佐藤 耕一
役員 氏名
党紀委員 小熊 正
党紀委員 渡辺 秀雄
党紀委員 拝野 幸次
党紀委員 丸山 広司
党紀委員 古田 孝一
党紀委員 細貝 晃
党紀委員 長谷川 酉雄
党紀委員 美濃 欣之
党紀委員 五井 文雄
党紀委員 長橋 正久
党紀委員 小野 宏一郎
党紀委員 河端 信雄
党紀委員 五十嵐 宗清
議会対策委員長 皆川 雄二
副委員長 宮﨑 悦男
財務委員長 髙橋 直揮
県民運動本部長 青柳 正司
会計監督 冨樫 一成
会計監督 佐々木 和幸
会計監督 宗村 勇二
常任顧問 水落 敏栄
常任顧問 佐藤 信秋
常任顧問 塚田 一郎
役員 氏名
常任顧問 細田 健一
常任顧問 斎藤 洋明
常任顧問 泉田 裕彦
常任顧問 鷲尾 英一郎
常任顧問 星野 伊佐夫
常任顧問 石井 修
常任顧問 渡辺 惇夫
常任顧問 帆苅 謙治
顧問 髙鳥 修
顧問 稲葉 大和
顧問 吉田 六左エ門
顧問 馬場 潤一郎
顧問 相川 平松
顧問 三富 佳一
顧問 高橋 正
顧問 西川 勉
顧問 種村 芳正
顧問 東山 英機
顧問 村松 二郎
顧問 小川 和雄
顧問 中野 洸
顧問 早川 吉秀
顧問 金谷 國彦
  • 1.党紀委員会の正副委員長は党紀委員の互選により選出する。
  • 2.党本部大会代議員は幹事長、総務会長、青年局長、女性部長とする。

組織構成とその役割

組織系統図

自由民主党新潟県支部連合会は、衆議院小選挙区支部をはじめ、衆議院比例区支部、参議院選挙区支部の組織と103の市町村支部と30の職域支部の計133支部組織から構成された連合体組織です。昭和31年1月20日に結成いたしました。

選挙区支部・市町村支部・職域支部の連合会として、各級選挙活動、党勢拡大運動、議会対策、政策普及、党員・党友名簿の管理、総裁選挙の実施等の党活動を引き続き行うほか、新たに各選挙区支部との間で政策形成、広報・宣伝等を含めた広域的連絡調整に当たります。

歴代会長一覧

就任年月日 氏名
昭31. 1.20 北 昤吉
昭32. 4. 7 田中 彰治
昭33. 7.13 田中 角栄
昭34. 7.15 田中 角栄
昭35. 7.31 稲葉 修
昭36. 7. 9 渡辺 良夫
昭37. 7.29 大野 市郎
昭38. 7. 7 小柳 牧衛
昭39. 8. 1 佐藤 芳男
昭40. 8. 1 田中 彰治
昭40.10.18 亘 四郎
昭41. 2.20 亘 四郎
昭41. 8.20 小沢 辰男
昭42. 6.18 小沢 辰男
昭43.10.23 田中 角栄
昭44. 7.20 田中 角栄
昭45. 8.27 田中 角栄
昭46. 8.28 稲葉 修
昭47. 7.30 高橋 清一郎
昭48. 3. 7 大竹 太郎
昭48. 9.24 大竹 太郎
昭49. 9.13 大竹 太郎
昭50. 9. 4 大竹 太郎
昭51. 8.11 大竹 太郎
就任年月日 氏名
昭52. 1.22 村山 達雄
昭52.12.20 塚田 十一郎
昭53. 7. 9 塚田 十一郎
昭54. 6.17 塚田 十一郎
昭55. 5.20 高鳥 修
昭56. 7. 5 高鳥 修
昭57. 7.18 高鳥 修
昭58. 5.29 高鳥 修
昭59. 6. 2 佐藤 隆
昭60. 6. 1 佐藤 隆
昭61. 8.31 長谷川 信
昭62. 5.31 長谷川 信
昭63. 6.25 渡辺 秀央
平1. 5.20 近藤 元次
平2. 5.19 近藤 元次
平3. 5.25 桜井 新
平4. 7. 1 桜井 新
平5. 6.19 吉川 芳男
平6. 6.11 吉川 芳男
平7. 5.12 白川 勝彦
平8. 6.21 白川 勝彦
平9. 6.28 高鳥 修
平10. 6. 8 高鳥 修
平11. 6.18 高鳥 修
就任年月日 氏名
平12. 6. 5 高鳥 修
平13. 8.23 栗原 博久
平14. 7.10 高鳥 修
平15. 6.29 高鳥 修
平15.11.28 稲葉 大和
平16. 6. 6 稲葉 大和
平17. 7. 16 稲葉 大和
平18. 7.22 稲葉 大和
平19. 5.12 稲葉 大和
平20. 6. 2 近藤 基彦
平21. 7. 4 近藤 基彦
平21.10. 9 星野 伊佐夫
平22. 6.13 星野 伊佐夫
平23. 5.21 星野 伊佐夫
平24. 7. 7 星野 伊佐夫
平25. 6.29 星野 伊佐夫
平26. 7.12 星野 伊佐夫
平27. 5.16 星野 伊佐夫
平28. 6.12 星野 伊佐夫
平28. 8.30 長島 忠美
平29. 9. 6 塚田 一郎
令1. 5. 18 高鳥 修一

入党の仕方・
手続き・方法

一定の条件を満たす[一般党員][家族党員][特別党員][自由国民会議(党友)]は
自由民主党総裁選挙の投票権を有します。

  • 一般党員

    党費は、年間4000円で、党員一人の紹介により、最寄の支部で手続きいただけます。

  • 家族党員

    党費は、[一般党員]の半額の2000円(年間)です。ご本人が一般党員で、「ご家族も党員に!」とお考えの方のために設けた制度です。

  • 特別党員

    党に対する財政的支援をお考えいただいている方に設けられた制度で、党費は、年額2万円以上(上限なし)です。手続は、党本部・県連・選挙区支部・地域支部・職域支部のどちらでもできます。

  • 自由国民会議(党友)

    自由民主党を側面から応援するために生まれた制度で、会費は年額1万円以上ならいくらでも可能です。

入党のご案内

CONTACT ご意見・お問合せ

自由民主党新潟県支部連合会は、皆さまからのご意見を幅広く承っております。お電話またはメールでお問い合わせください。

お電話でのお問合せ
TEL.025-285-5011
受付時間:9:00~17:00(土日祝日を除く)
メールでのお問合せ
CONTACT FORM